SEO

SEOコンサルティングSearch Engine Optimization

Googleマップの上の検索順位を上位表示

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略でYahoo JAPANやGoogle、MSNなどの検索エンジンにおいて、検索結果の上位に表示されるようにホームページの構築を改善する事を指します。サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示させますが、その際の表示順位はそれぞれのサーチエンジンが独自の方式に則って決定しています。 この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行なう場合があります。その様々な技術や手法を総称してSEOといいます。 この全てをコンサルティングいたします。

キーワード策定Key wordk

アクセス数増加≠売り上げ増加

SEO対策の役割は、検索エンジンの検索結果にて上位表示することにより、ウェブサイトへのアクセスを誘導することです。
しかし、ここで注意が 必要なのは、単純にアクセス数が増えるだけでは利益に成りえないという点です。
SEO対策によって検索結果の上位に表示させるのは単なる手段に過ぎません。
その先に明確な目的を設定し、それを達成するために集客すべきターゲットを決定し、
それに合わせた適切なキーワードを選定することで、初めて目的を達成できます。

キーワード策定の失敗=SEO対策の失敗

そのため、SEO対策を行う際重要なのは、目的達成に必要なターゲットを、上手く集客するためのキーワードの選定になります。
適切にキーワードを絞り込むことで、対象となるユーザーも同様に絞り込まれ、
意識の高いユーザーのアクセスを増やし、最終的には顧客獲得などの目的を達成できます。
しかしキーワードの選定を誤ってしまうと、アクセスは増えても本来の目的は達成できず、かけた費用が無駄になってしまいます。
失敗しないマーケティング活動を実現するために、SEO業者とじっくり戦略を練ることをおススメします。

内部施策Key wordk

内部施策とは

SEO対策の内部施策とは、検索エンジンに評価されやすくするために、
サイト内のマークアップやページ構成、
キーワードの種類や文章中の割合などを調整する施策のことを言います。

適切なマークアップ

ほとんどのホームページは、HTMLという言語によって作られています。
この言語は記述方法に一定のルールが定められており、
そのルールに沿って的確であればあるほど、
検索エンジンからの評価が高くなる傾向にあります。

情報量・キーワードの配置

上げたいキーワードに関連した情報をたくさん記載することで、
検索エンジンは、そのページが上げたいキーワードと関連性が強いものと判断し、
検索の上位に上がりやすくなります。
また、重要なキーワードをどこに配置するか、
どの割合で記述するかによっても検索エンジンの評価に影響します。

サイト構成

サイトを構成する複数のページの繋げ方、リンクする際の文言なども評価の対象に含まれます。
更にユーザーにとってのサイトの利便性にもかかわる部分なので、
なるべくサイト内を自由に巡回しやすいような構成を心がけましょう。

被リンク施策Key wordk

被リンクとは

被リンクとは、他のサイトから自分のサイトへ繋がるリンクのことを言います。
被リンクの量や質は、検索エンジンの評価基準の中でもとりわけ重要視されており、
質の良いリンクを多く集めることができれば、
大幅な順位上昇を狙えます。

被リンクの質と量の関係

有名なサイトや、サイトの価値を表す「ページランク」という指標の高いサイトからの被リンクは当然評価が高く、
同じテーマのサイトからの被リンクも有効であると言われています。
しかし、被リンクはただ単に集めればいいというものではありません。検索エンジンのアルゴリズムによって、不自然であったり、
ツールなどによって作為的に増えたものであると判断された場合、そのリンクの価値は無いものとされてしまいます。
検索エンジンが評価するのは、あくまでナチュラルリンク(自然発生的に増えたリンク)のみであるということをしっかり意識し、
見た人が思わずリンクを張りたくなるようなコンテンツを充実させることが、被リンク増加の王道と言えます。